うわさのジェネリックとは何か? | 男性のコンプレックス、EDを積極的に治していきましょう!
menu

うわさのジェネリックとは何か?

橙色の薬各種

皆さんはジェネリックという言葉を聞いたことがありませんか?テレビやラジオのコマーシャルや雑誌などでも度々見るこのジェネリックというのは何かといいますと、元々海外で開発されて既に完成している医薬品を日本の製薬会社が日本人が飲みやすいように改良した医薬品のことをいうんです。
なぜ、日本の製薬会社が開発して販売しないのか。ちょっと疑問に思いますよね。しかし、一から販売できるまでは莫大な時間とお金が必要になるのです。まず、この医薬品を作るために必要な材料を用意しないといけません。しかも、海外から輸入することも必要になるのです。また、これらを管理して開発するために専用の施設や道具を用意しないといけません。
もちろん、これらを扱えることができる人材も必要になります。この量の準備を数年ほどではなく、最低でも10年以上は見ておく必要があるのです。こんな余裕はどこの製薬会社にも共通して無いのでしょう。仮に頑張って開発して完成しても、値段が跳ね上がってしまって誰も購入をしなくなるでしょう。それだったら、最初から完成している医薬品をちょっと改良して販売した方がずっとコストを押さえることができるのです。会社だけでなく、お客さんにとっても経済的に優しくなっているのです。
このジェネリックという形は国も積極的に推奨しているので、必ず増えていくことになります。